浮気調査を札幌でご依頼・ご相談されるなら、ユーザーファーストで実績のある安心・安全の札幌の探偵 長谷総合調査事務所へお気軽にご相談ください。

探偵の知識と選び方

  • HOME »
  • 探偵の知識と選び方

探偵の知識と選び方

調査の相談や依頼をする前に、探偵業界の現実についてある程度知っておいてください。

探偵専門のインターネットのお役立ちサイトの口コミ情報などは、自社が自演して書き込んでいる事も考えられます し、全てではありませんがお金を沢山払えば目につきやすいところに表示されることもあります。 高額な広告費を使う=目立つ=良い探偵事務所!とは限りません。

逆に、高額な広告費を使う=広告費を回収しなければならない=高額な調査料金 になる可能性があるということは誰でも容易に想像できることと思います。

お役立ちサイトの口コミ情報などは、あくまでも探偵事務所を選ぶための数パーセント程度の参考にすることにとどめておいた方が無難かもしれません。 調査をする地域の探偵を選ぶと実費が少なくて済むので料金が安くなるのは当たり前ですし、土地勘もあるので他都道府県の探偵よりも成功率が高くなる場合が多いでしょう。

探偵事務所が本当にその住所ににあるのかは重要な事です。

秘書代行の会社と同じ場所だったり、全く関係ない会社だったという話も時々耳にします。そんな探偵事務所に安心して調査を依頼できるでしょう か?何かあった時に連絡が付かない、居場所が分からないということにもなりかねません。

”調査料金が高い=調査能力が高い”、または、”調査料金が安い=調査能力が低い”とは限りません。
調査料金は、探偵事務所が自由に決める事ができます。当然、仕事である以上、利益がなければ事業を継続することはできません。仕事に対する正 当な報酬をお客から頂くことはどんな仕事でも同じことです。調査員が何人動いて車を何台使い、何時間調査を行うのかということから、広告費の 回収も考えなくてはならないでしょう。

調査依頼をお考えの場合には、何件かの探偵事務所におおよその見積りを出してもらい検討されて決めることをお勧めします。同じ調査の相談なの に10倍以上も料金が違うこともあるので、驚かれる方も少なくないと思います。

探偵に調査依頼をするときの料金は、平均して安い金額ではありませんので、調査依頼をする時には質の良い探偵を 選ぶことが大切です。仕事に取り組む姿勢をはじめ、調査技術(尾行・撮影)や証拠として必要な重要なポイントを知っているかどうかなどが重要 になってきます。

”質”を一言で表現するのはなかなか難しいことですが、高価な調査器材を使っているから”質”が高いとは言えませんし、探偵事務所の営業年数が長いから”質”が高いとも全く言えません。

やはり最後には人(依頼者)と人(探偵)ですから、ご自分だけではなかなか冷静に相手の言動を見極める自信がないのであれば、ご自分だけで相談に行かずにご友人やご家族などに一緒について来てもらって、信頼できそうな人物か?

調査のポイ ントを分かっているか?

などを客観的な視点で見極めてもらった方が良いでしょう。

調査依頼をされるほとんどの依頼者の方が、まず初めに探偵事務所に電話をしていくつかの質問や相談をすることと 思います。最終的には探偵事務所の人と直接会って話しをすることになるのですが、電話の段階でどれだけ答えてくれるか?どれだけこちらの状況 を理解してくれようとしているか?ということも判断材料の一つになると思います。

電話対応が横柄なところは論外なので、早々に電話を切った方が依頼者の方のためでしょう。

また、依頼者側の希望であれば別ですが、探偵側から 電話での話をほとんどせずに「とにかく会ってお話ししましょう。」・「事務所に来てもらえなければお話しはできません。」という探偵事務所に は気を付けた方がいいでしょう。まだ相談の段階なのに「身分証と印鑑も忘れずに持ってきて下さい。」・「念のためにいくらでもいいので現金を用意してきて下さい。」などという探偵事務所は、危険極まりないと思っていただいて結構だと思います。

広告やホームページには法に触れることでなければ何でも書けます。「信頼」、「実績」、「安心」、「長年 の...」、「○○推薦」、「○○地域ナンバー1」、「確かな...」、「実力ある」、「警察OB」、「全国ネットワーク」、「苦情ゼロ」などな ど...挙げたらきりがありません。
どこの探偵事務所の広告を見ても当然良い事しか書いてある訳がないのですから。 広告やホームページに書かれていることが事実であれば問題ないのですが、依頼者自身が広告に書かれていることが真実かどうかを確かめるのはと ても難しいことです。

とはいえ、どうやって探偵事務所を探すかというとやはり広告や電話帳やインターネットなどで探すことがほとんどだと思います。 気を付けるところは、広告やホームページに書いてあることだけで探偵事務所を決めないことです。

広告やホームページやチラシは連絡先や料金設 定等を知るためだけにとどめて、いくつかの探偵事務所に電話をして、安心できそうな探偵事務所だと思ったなら直接会うなどして、最終的に調査依頼をする探偵事務所を決めることです。

探偵事務所は、各都道府県の公安委員会に届け出をしなくては営業ができません。

探偵業の届け出をすると、必ず届出番号が発行されます。逆に考えると、届出番号の無い探偵事務所は探偵業の届け出をしていない無届けの探偵事 務所になります。(無届けの時点で、すでに探偵事務所とは呼べないのですが...。) そのような探偵事務所に調査依頼は絶対にしないでください。

調査依頼をした時点でトラブルに巻き込まれたと思っていただいても結構です。
但し、欠格事由に該当しなければ誰でも探偵業の届け出はでき、許可や認可されたこととは全く違うので、探偵業の届け出は「探偵業を営業するた めの最低ラインの条件」でしかないということを理解しておいてください。

「完全成功報酬」をうたっている探偵事務所がありますが、「成功」の条件をよく理解していないと、依頼者が望む 結果が出ていないのに「成功報酬」を支払わされている依頼者は少なくないようです。 お金に余裕のない依頼者にとって、「成功報酬」という言葉は調査依頼をしようとする時のお金の面のハードルが一気に低くなるでしょう。
ではなぜ、依頼者が望む結果が出ていないのに成功報酬を支払うことになるのでしょうか?

それは契約内容に原因があるのです。

例えば、配偶者の浮気調査を相談、依頼したのに、契約書には「素行調査」と書かれている。調査依頼をしようとしている依頼者は、混乱や困惑し ていて通常の精神状態ではないことが多いので、気が付かないで契約をしてしまう場合もあるでしょうし、「何か変だな?」と気が付きはしたもの の、散々話しをしてきて契約書に記入する段階で「これは変じゃないですか?」とも言い出しにくい、もし言えたとしても探偵事務所から「素行を 調査すれば浮気をしていたら証拠が取れますから。」と説明をされてその言葉を信用してそのまま契約をしてしまう。調査が終わった後に浮気の証 拠が取れていなくても「契約通りの素行調査は成功!」と探偵事務所に言われてどうしようもないということのようです。

中には、成功報酬の契約なのに、調査が完了する前の成功しているもしていないも確定していない段階から、成功報酬を分割払いで支払わせる探偵事務所もあるようで、そのような探偵事務所の成功報酬の条件は意味不明としか言いようがありません。(依頼者をだまして契約させることに成功!とでもいうことのなでしょうか...?)
完全成功報酬で契約をする場合には、どうなれば成功、そうでなければ成功じゃないという条件をキチンと決めて、その条件を契約書に記入するこ とをしてから契約をすることが大切なことです。契約を結んでしまってから「何か変だとは思っていた...」、「言い出せなかった...」では済まない事になってしまうのです。

探偵に調査を依頼したけど、後から契約の時の料金を大幅に超える高額な料金を請求された。」という話を、誰しも 一度くらいは聞いたことはあると思います。
依頼者自らが調査時間の延長を申し込んだり、実費の分などで契約時の料金を超えてしまったということであれば理解はできます。

しかし、探偵事 務所が勝手に調査時間を延長して料金を請求してきたり、なんだか訳がわからない項目や情報料的な理由を付けられて、納得のいかない高額な料金を請求されることもあるようです。

延長の条件や延長したときの料金設定、後から追加で発生する可能性のある情報料等の料金や「契約以外の事を行う場合には、必ず依頼者と相談の上で決める。」などの条件を契約前にキチンと決めて契約書に記載するようにすることで、後で余計なトラブルに巻き込まれることが少なくなります。

特に悪質探偵と呼ばれているところとトラブルになった場合、依頼者側に「探偵に調査依頼をしたことを他人に知られたくない...」という気持ちが負い目になって、苦情を言うこともままならず、裁判所に訴えることもできずに、そのまま依頼者側がお金を取られて泣き寝入りしてしまうと いうことが少なくありません。

「素行調査」という言葉のマジックに要注意!

浮気調査などの特定の目的のある調査が必用なのにもかかわらず、依頼者が分からないのをいいことに、「素行調査」として契約を結ばせる調査会 社(探偵事務所)があります。 調査方法にもよりますが、「素行調査を依頼して思ったような調査結果が全く得られなかった...」という依頼者も少なくありません。

契約書上は「素行調査」でお互いに納得して契約しているので、法律上は全く問題がないので、後で苦情を言っても「契約どおりに調査を完了しました。」と言われてしまい、お金だけ取られて泣き寝入りしている依頼者も少なくないのです。

調査方法が尾行や張り込みを中心とする調査であるため、一見同じような調査に思えるのですが、「素行調査」と「浮気調査」は中身の違う調査なのです。ご注意ください。

盗聴器発見調査を行うとき、料金を高く吊り上げるためにこれ見よがしな大きなアンテナやワケの分からない大きな 機械を持ってくる調査会社が時々あります。
しかし盗聴器の電波を見つける場合、一定レベル以上の機能を持つ器材と知識があれば、ほとんどの電波式盗聴器は見つけることができるのです。
通常、5kgの段ボール1つを運ぶのは軽トラック1台で十分運べます。わざわざ20tの大型トレーラーで大げさに運んで、無駄に高額な料金を 支払う必要は全くないのです。

大手探偵事務所と個人探偵事務所

どちらがいいのかというと、どちらもほとんど変わらないと言われています。
大手探偵事務所のように組織が大きいと相談員や現場の調査員が分業制になってくるので、どうしても依頼者一人ひとりの調査に対する細やかな対 応や配慮に欠け顧客満足度が低くなりがちになり、個人探偵事務所は大手に比べると組織力が劣るため、現場に出る調査員の人数が限られるなど、どちらにもそれぞれ一長一短があるようです。

また、大手や個人に関係なく、それぞれの探偵事務所の体質や考え方によって依頼者に対して親身に対応できるかということや調査能力に違いもあります。
ただし、調査依頼経験があったり、依頼まではいかなくても相談したことのある方々の声など、一般的な比較で見てみると、大手探偵事務所の方が 個人の探偵事務所よりも調査料金が高額になる傾向があるようです。


お気軽にお問い合わせく下さい TEL 011-780-5884 営業時間:10:00~19:00 ※土日祝を除く
相談電話受付時間:月~金 10:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 長谷総合調査事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.