子供がいる場合の離婚で問題となるのは子供の親権や面接交流についてです。

この面接交流について、今年に入ってから悲劇的なニュースが複数報じられています。

先月は伊丹市で離婚後初めての面会交流において、父親が娘を絞殺し、自殺しました。

時間になっても娘が戻らないことを心配した母親が警察に言ったことで事件が発覚したのですが、このような悲劇は防ぐことはできないのでしょうか?

お金がかかることなので、参考にならないと感じる方もいるとは思うのですが、こんな安全な方法もあるのだということをお知らせさせていただきます。

面会交流には支援してくれる第三者機関があります。

全ての都道府県にあるわけではないのですが、札幌には支援機関があります。

面会交流の時間中ずっと同じ部屋に職員が付き添ってくれるタイプの支援や、面接の日時や場所を調節してくれるタイプの支援があります。

離婚後はなかなか元夫婦で連絡を取りたくない!という人も多いので、こういった機関を頼るのも一つの手です。

料金は支援のタイプによっても異なりますが、1回に2000円~5000円かかります。

その他に申込金が必要になります。

一度や二度のことではなく子供が成長するまで続くことなので高額に積みあがっていきますが、命の危険を考えるとこのような機関を最初の数年間だけでも利用するということも考えてみるといいかもしれません。

 

長谷総合調査事務所では離婚や浮気調査についての相談だけでなく、その後の依頼者様の安心安全な生活を支援する情報を随時お伝えさせていただきたいと考えています。

お一人で悩まず、まずはお気軽にお電話ください。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承っております。