子供のいる夫婦の離婚はなかなか大変というのは周知の事実ですが、ペットのいる夫婦もなかなか大変です。

離婚後はどちらが引き取るか…

ペットは家族!と思って生活しているかとは思いますが、法律的には「モノ」扱いです。

仮に結婚してから形成した財産が100万円でペットが20万円で買っていたとしたら、単純に計算すると60万円もらう人と、40万円とペットをもらう人…という感じになります。(実際はこんな簡単にいかないことの方が多いとは思いますが)

では、自分が引き取るということになったとして養育費を相手方に請求できるでしょうか?

養育費とは子供に対して請求することのできるものですので、ペットについて法的に請求することはできません。

しかしながら、夫婦間で契約を取り交わし、餌代や病院代、美容室代を考えて月々の振り込むなんてことも今後は増えてくるはずです。

会えもしないペットにお金を払うのはちょっと…と思う相手からは子供さながら、面会交流の申し出があるかもしれません。

金銭の授受や面会交流について、離婚時にしっかり契約書にまとめておくことはペットが家族としての地位を高めている現代においては必要なことかもしれませんね。

 

長谷総合調査事務所では、不倫の素行調査から離婚時の手続きまでトータルに依頼者様をサポートいたします。

離婚時のばたばたで疲れ切っているときに親身にサポートできる探偵事務所です。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承っております。

まずはお気軽にお電話ください。