「間違いない!」で一世を風靡した長井秀和。

テレビで見ることは少なくなってしまいましたが、そんな彼のおめでたいニュースが聞こえてきました。

ドイツ人と再婚するとのこと。

長井さんには離婚歴があり、離婚歴のない人とは結婚手続きが異なる場合があります。

59dca2f365d79e87cc5ca62332f08af2_s

ドイツ人との結婚には、提出書類として戸籍謄本と住民票(不要の場合もあり)、婚姻要件具備証明書(Ehefähigkeitszeugnis) 

が必要なのですが、裁判離婚をした離婚歴のある人は

  1. 裁判所の確定判決の判決文謄本、可能であれば事実状況と判決理由が明記されたもの
  2. 判決理由について記載がない場合は、訴状または判決理由に関する他の証明書

を加えて提出する必要があります。

協議離婚(話し合いによる離婚)の場合は戸籍謄本で足りるようです。(詳細はドイツ大使館HP参照ください)

ちなみにこれらの書類は外務省における証明(アポスティーユ)を取得しなくてはいけません。

国際結婚って色々大変というイメージがあるのですが、最初の試練は結婚手続きですね。

せっかく試練を乗り越えた国際結婚ですから、離婚は避けたいですね。

万が一離婚となった場合もなかなか手続きが大変です。

日本で行った離婚手続きはドイツでは無効です。

ドイツの官庁に夫婦の届出をしている場合、ドイツでも離婚手続きを行ってください。

面倒だからと日本の離婚手続きだけをして、ドイツで離婚手続きを行わなかったら、例えばドイツでの年金の受給資格が生まれて元の夫婦間で、新たなお金のやり取りでもめることになるかもしれません。

 

新たな人生を歩むためにも問題のない離婚をできるよう長谷総合調査事務所では、札幌のみならず北海道一円のご相談を受け付けます。

お気軽にお問い合わせください。