離婚届が夜中でも提出できることは以前ブログにて紹介いたしました。詳細はこちら

では離婚届が真正なものであるかの確認は役所でされるかというと…。

通常は形式が整っており、必要書類も整っていれば筆跡鑑定をしたり、夫婦そろっての提出を要求したりということはありません。

そうすると、離婚の話し合いの段階で、離婚届を作成済みのものの、細かい取り決めがなされるまでは提出を保留していた場合、勝手に一方は提出してしまうというリスクがあります。

また、勝手に一方の配偶者が筆跡を変えて離婚届を作成して出してしまう恐れも全くないとは言い切れません。

22076ca7dbf0b0b698dee35de06bbfbf_s

そこで、そのような離婚届を受理しないでくださいと役所にお願いする制度があります。

それが離婚届不受理申出という制度です。

離婚届不受理申出書は役所に備え置いてありますので、誰でも無料で手に入れることができます。

一度出した離婚届不受理申出の有効期限は6か月です。

6か月以内に話し合いがまとまらない場合は延長の手続きをしましょう。

無期限です!!(戸籍法の改正により、平成20年5月1日以降に申出をしたものから)

 

長谷総合調査事務所では依頼者様からの調査依頼に基づき調査を行うことのみならず、依頼者様の最善の生活をお手伝いするため多方向のアドバイスを行いたいと思っております。

依頼事項のみならず、不安を抱えていることがありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。