履歴書によく賞罰について記載する欄があります。

最近は経歴詐称について厳しく問われることもあるので、正直に書かなくてはいけないのは言うまでもないところですが、実は前科については一定の条件を満たすと書かなくてもよいことになるって知っていましたか?

1f76abca38e5eb5e51e792b5e220c76b_s

そもそも前科とは、交通違反を除く罰金刑以上の刑罰確定者について、戸籍を管理する市区町村に犯罪人名簿が置かれていて、有罪判決や科刑の記録が前科として登録されます。

ちなみにこの登録事項については一般の人の目には触れません。

この登録が消えることがあるんです。

具体的にはどんなときに消えるかというと、懲役や禁固の刑で刑務所に行ったときはその後10年、罰金刑であればその後5年の間に、再度懲役刑や罰金刑に科されなければ消えます。

法律上刑を受けたことがないものとして扱われることになっているのです。

よって、犯罪人名簿から削除されることになるんです。

ちなみに、執行猶予つきの刑が言い渡された場合は執行猶予期間に何も犯罪を犯さず、無事過ぎればその時点で、法律上は刑の言い渡しを受けた者として扱われません。

つまり、履歴書に前科が書いてないからと言って全ての人が一度も刑務所に行ったことがないかというとそうでもないってことになるわけですね。

 

長谷総合調査事務所では、一旦雇い入れるとなかなか解雇の難しい労働者の身辺調査のご相談もお受けいたします。まずはお電話にてご相談ください。