知っているようで知らない言葉はたくさんありますが、法律用語はそんな言葉ばかりです。

今回は、悪いことをしたときに払わなくてはいけないお金について。

 

「はい、罰金!」と日常会話で使うことがあっても、「はい、科料!」とは言いませんね。

悪いことをしてお金を払う場合は、どんな悪いことなのか、そして、いくらなのかで呼び方が変わります。

歩きたばこをして見つかってお金を払わなくてはいけない→これは行政罰としてお金を払うのです。

つまり、警察にお世話になった結果としてお金を払うわけではありません。

このような行政罰は犯罪ではなく、行政職員が取り締まるのですが、「過料」と呼ばれます。

行政罰は犯罪ではないので、前科にはなりません。

では、犯罪に対して支払うお金は全部「罰金」かというと、そうではなく、1000円以上1万円未満の少額の場合は「科料」と呼びます。

暴行罪や道路交通法違反等の場合に科料が設定されています。

これに対して、1万円以上の重い刑は「罰金」と呼ばれます。

日常会話で「はい、罰金2000円」というのは正確にいうと間違いで、「はい、科料2000円」となります(笑)

 

長谷総合調査事務所では、日々の生活の中での疑問や不安に関していつでもご相談にのります。

不倫、浮気の素行調査のみならず、どんなご相談でもまずはお電話ください。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承ります。