何気なく使っている言葉で、区別があいまいなものってたくさんありますよね。

今日は、契約書などによく名前を書いてハンコを押す行為を細かく紹介しようと思います。

自分で自分の名前を書くことを署名といいます。

それに対して、パソコンで名前を書いて印刷したり、社判を押したりすることを記名といいます。

署名と記名ではやはり、自分の手で書く方が証拠能力が強くなります。

では記名を署名と同等にグレードアップさせるにはどうすればよいかというと、記名に押印を加えるのです。

ここで、押印と似た言葉に捺印という言葉がありますが、この違いはというと一般的には署名に印鑑を加えることを捺印、記名に印鑑を加えることを押印といいます。

印鑑を押すだけの行為も押印と言います。

本来的には署名すれば十分なのですが、慣習として署名捺印することが多いのは日本独特ですね。

 

長谷総合調査事務所では、契約書に関する不安を抱えている方のご相談も随時承っております。

お一人で悩まずにお気軽にお電話ください。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承ります。