北海道在住の人としてはちょっと残念なニュース。。。

過大なる期待を寄せられてあまりその期待に応えられていない斎藤佑樹投手が、パトロンからポルシェを貸してもらっているとのこと。

成績が伴っていればこんなにも叩かれることもなかったかもしれません。。。

0f71cc4dbcccf92a8f2e5727ff70f05c_s

さて、倫理的に今回の件が良いか悪いかは置いておいて、法的な問題点は何もないのかというとそうでもありません。

車を所有している人はご存知かもしれませんが、車を保有し、公道で走らせる場合運輸支局で自動車登録をする必要があります。

その際には、使用者の住所から2キロ以内に車庫を確保しなくてはいけません。

これは車庫法等で定められています。

嘘の届け出をすると20万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

今回斉藤投手が使用しているポルシェは斉藤投手の自宅から7キロ以上離れたパトロンの会社で車庫証明が取られています。

取得した車庫証明に記載された車庫以外の場所に常時駐車されているとなるといわゆる「車庫飛ばし」に当たります。

現時点で球団や斉藤投手からの説明はないようですが、今後の動向に注目が集まるかもしれません。

 

長谷総合調査事務所では、貸したを返してもらえないといったトラブルにも迅速に対応いたします。

車の所在を確認しておかないと、様々な法的問題が生じる場合があります。

放置せずにぜひお気軽にお電話ください。