大人気グループTOKIOの山口達也さんが未成年者に対する強制わいせつで書類送検されるという衝撃的な事件が報道されました。

山口さんはEテレで未成年者と毎日のように共演しておりましたから衝撃も大きいです。

さて、山口さんの容疑である強制わいせつは、暴行または脅迫を用いて猥褻な行為をすることと定義されています。

今回、女子高生は殴られたり、縛り付けられたりということはされていないようですし、言うことに従わなければ番組で使わないぞ!などと脅されたりもしていないようです。

それでも「暴行または脅迫を用いて」と言えるのでしょうか。

この点については、「被害者の意思に反して」いれば「暴行または脅迫」があったと解釈されています。

そして、「猥褻な行為」とは一般人が猥褻と感じる行為が該当すると解釈されています。

手を握ったくらいだと解釈は分かれるかもしれませんが、無理やりキスすることは猥褻な行為と認定されるでしょう。

ではすぐ刑務所に入らなければいけないのかというと、そうでもありません。

今回のように被害者と示談が成立している場合は、検察官に起訴されずに済む可能性が高いです。

仮に起訴されても、執行猶予が付く可能性も、示談が成立している場合は高くなります。

では示談にはどれくらいの示談金が必要になるでしょう。

一般的には数十万円から高くても100万円というところです。

凶器を使って脅迫したうえでの強制わいせつとなると、凶悪性が増し示談金は高くなるでしょう。

今回については、猥褻の程度も脅迫の程度もそれほど高いとは言えませんから、少額に収まるべき事案ではありますが、芸能人のスキャンダルですからもしかすると高額になっているかもしれませんね。

山口さんの場合、示談金よりもなによりも、芸能界での仕事が事実上できなくなる損失が莫大です。

一時の気のゆるみで人生を台無しにしてしまうというのはなんとも恐ろしいものです。

みなさんも他人事と思わず気を引き締めていきましょう。

 

長谷総合調査事務所では、浮気・不倫の素行調査はもちろんのこと、その他のありとあらゆるご相談をお受けいたします。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承りますので、まずはお気軽にお電話ください。