司法業界では例を見ないほどの重大処分がアディーレ法律事務所に下されました。

2か月の営業停止です。

なぜそんなことになったかというと、インターネットで今なら着手金無料!といった広告を5年程続けていたためです。

景品表示法という法律では、一般人が今だけすごーく得なのか!と誤解するような掲載を長年続けてはいけないと定めています。

ホントは今だけじゃないじゃん!ということですね。

法律事務所ですから法律はよく知っているはずなのですが…

さて、アディーレに訴訟や債務整理を依頼していた場合どうなるかというと、基本的には契約解除です。

もっとも、アディーレ所属の弁護士に個別に頼むことはできるようで、そのような選択をした場合は預かり金や資料はそのまま引き継がれるようです。

では、解除選択した場合はどうなるかというと、別の弁護士を探さなくてはいけません。

気持ちとしては着手金はそっくり返してほしいところですが、ホームページによると手続きが50%進んでいた場合は返金も50%となるようです。

別の弁護士に依頼すれば、そちらに引き継いでくれるようですが、新たに新しい弁護士に着手金を支払わなくてはいけないということになりかねません。

また、時効間際に依頼していた人としては訴訟の機会を失いかねません。

任意整理をしていた人で、和解が成立していた場合、アディーレに返済原資を毎月入金し、アディーレが返済手続きをしていたという人もいますが、こういったことも業務停止に伴いできなくなります。

その場合、自分で各債権者に返済しなくてはならず、返済を怠ると一括返済を強いられることになりかねません。

弁護士事務所に依頼していながら、自分自身で全てを管理しなくてはいけないというのは大変なことです。

こんな大変なことに巻き込まれることのないように、初めから信頼できる弁護士に依頼するというのは大切なことです。

 

長谷総合調査事務所では、不倫、浮気の素行調査から離婚を決意された場合等は、信頼できる弁護士とお話しできるようにいたします。

どの業界でも評判の良い悪いはあります。

テレビコマーシャルを鵜呑みにせずに、本当に信頼できる弁護士に依頼をしましょう。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承ります。

どんなご相談もお気軽にお電話ください。