札幌の探偵による身近なトラブル参考知識-探偵トラブル編5-

Aさんが、夫の浮気調査を探偵事務所に依頼して30万円で浮気調査の契約書をしました。

契約書に自分の名前や夫の名前や勤務先などを書いて印鑑も押し、探偵事務所は調査方法などを書いて、同じ契約書を2枚作成して探偵事務所と自分が1枚ずつ控えを持って、料金もその場で支払いました。

後日、依頼をした探偵事務所から浮気調査の報告書を渡されましたが、夫の会社や後ろ姿の写真ばかり貼ってあるだけで、相手の女性と夫が接触したところやホテルに出入りするところなど、浮気の証拠になるようなものは全くありませんでした。

Aさんは探偵事務所に、「キチンと浮気を証明できる証拠を取って欲しい。」と言いましたが、探偵事務所からは「契約書に書いてある時間分はキチンと調査をしたので、追加料金をいただかなければこれ以上は調査できませんよ。」と言われてしまい、Aさんは探偵事務所が信じられなくなったので、「お金を返してほしいと。」探偵事務所に言いました。

さて、Aさんは、探偵事務所からお金を返してもらうことができるでしょうか?

答えはバナーの下↓

どんなご相談でも構いません疑問に思っていることや 誰にも相談できないような お悩みをご相談下さい。

答.返してもらえる可能性が高い。

※平成19年に施行された「探偵業法」で、調査契約時には「契約書」、「重要事項説明書」、「利用目的確認書」の3種類の書面を発行しなければならないと定められているため、契約は解除できる。