先日女性だけに再婚禁止期間があると書きましたが、おさらいをすると、「離婚後300日以内は前夫の子」と「婚姻成立後200日経過後に出生した子は現夫の子」だから、かぶらないように取り合えず女の人は半年は再婚しないでね、という法律の規定でした。

ちなみに、離婚する人の中で、妊娠している人って、実は1%くらいらしいので、99%くらいの女性はただただ再婚禁止期間を強いられているだけなんですけど…

元光GENJI大沢さんの事件

2e4414edfa8379a4badd9e92aee18db7_s

大沢さんが泣きながら、息子との関係について記者会見していたのは記憶に新しいところです。

その裁判の判決が11月19日、東京家庭裁判所で出されました。

結論からすると親子関係はないとしました。

ここで注目したいのは判決に至るロジックです。

裁判所としてはDNA鑑定で父子関係が認められないこと、それだけを理由にして親子関係をないとしたわけではなく、民法の嫡出推定を持ち出して親子関係がないと言い渡しました。

つまりなんのことかというと、「婚姻成立後200日経過後に出生した子は現夫の子」という嫡出推定からして、たまたま大沢さんと元妻の喜多嶋さんが結婚してからちょうど200日目に息子が生まれたから、大沢さんの息子という推定は働かないと言ったのです。

じゃぁ、仮に、201日目に生まれてたら、この判決は変わっていたの???と思ってしまいます。

大昔に作られた法律が現代の科学技術にキャッチアップできないまま、杓子定規に使われることに違和感が否めませんが、今後の裁判の流れを観察していきたいです。

 

長谷総合調査事務所では、パートナーの不倫を疑いつつも、その疑念を晴らすことのできない方のお力になるべく、様々な専門知識を提供できるよう日々努力しております。

お一人で悩むことをやめて、ぜひ、ご相談ください!!