菊川怜さんの結婚、そして、婚外子騒動も落ち着きを見せてきました。

菊川怜さんのお相手も、紗栄子さんのお相手も、どうしてか超が付くお金持ちは婚外子がたくさんいるんですね・・・

さてさて、そんな彼らの養育費は一般からは考えられないほどの多額だそうですが、世間一般ではどれくらいが相場なのでしょう?

具体例を挙げてみてみましょう。具体例は夫から妻に養育費を支払うことを前提にしています。

妻;年収250万円 夫;年収400万円 ともに給与所得者(つまり、会社員)の場合で、0歳~14歳の子供が1人の場合は、2万円~4万円が相場でしょう。

あくまで相場で、それ以上でも以下でも両者が納得していればいくらでも問題はありません。

では、もうちょっと極端な例を。

妻;年収0円 夫;年収2000万円 夫が自営業の場合で、0歳~14歳の子供が1人の場合は、18万円~20万円が相場でしょう。

正直、養育費だけで母子が生活できちゃうよ!と思うかもしれませんが、妻と夫のバランスから計算するとそれくらいになるのです。

では、夫の年収が一般的な収入より低い場合はどうでしょうか。

妻;年収12万円 夫;年収200万円 ともに給与所得者の場合で、0歳~14歳の子供が1人の場合は、2万円~4万円が相場でしょう。

この場合は夫の年収が400万円の場合と変わらないのです。というのも、妻の収入が月額1万円です。それを補わなくてはいけないため、たとえ年収が200万円でも年収400万円の人と同じだけ養育費を払わなくてはいけないのではということになるのです。

もう一度念のため。あくまで相場です。

自分の場合はどうだろうと思っている方は弁護士や行政の法律相談で確認してみてください。

長谷総合調査事務所でも家庭裁判所の裁判官が発表した養育費算定表に基づいた計算にて、相場についてはお調べしたうえでお話しさせていただきます。

夫婦の年収だけでなく、子供の数や年齢でも変わってきます。

お一人で悩まずまずはお気軽にお電話ください。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承っております。