北海道の離婚率は残念ながら全国的に見てとっても高く、総務省から発表される「人口動態統計」でも上位の常連です。

我らが北海道の代表歌手中島みゆきさんの歌にも「離婚数は日本一」と出てくるくらいに…。(日本一になったことはないはずですが…)

離婚と一口に言っても、その内容は大きく分けると2つあります。

一つ目は「協議離婚」といって、夫婦の話し合いで離婚する場合です。

二つ目は「裁判上の離婚」といって、民法という法律に規定のある原因がある場合に離婚できるという場合です。

日本では90%位は協議離婚ですが、夫婦で話がどうしてもまとまらない場合は裁判で離婚しようということになります。

有責配偶者からの離婚請求

裁判上の離婚の中で最も多い原因は「不貞行為」、つまり不倫・浮気です。

しかしながら、結婚生活を続けられなくしてしまった、浮気した張本人から裁判してでも離婚したいというのは納得できない話となるわけです。

もちろん裁判所もそのような身勝手な離婚を認める訳ではありません。

このような結婚生活を壊してしまった張本人のことを「有責配偶者」と呼びます。

基本的には、有責配偶者からの離婚請求は認められないのですが、基本的にはということは例外があるのです。

例外として、結婚期間と比べて別居期間が長く、小さな子供がいなく、離婚となっても、責任のない方の配偶者が生活に困るようなことがない、つまりはお金や住むところに困っていないという全ての条件が整うと、有責配偶者からの離婚請求も認められる余地があるのです。

仮にあなたが、浮気をされ、さらに離婚を迫られていたとしても原則としては裁判上の離婚は認められません。

例外の要件を満たしているかをよく確認してください。

相手はもしかしたら「有責配偶者からの離婚も最近は認められるんだ」と言ってくるかもしれません。

しかし、本当に認められる状況なのか、相手の話を鵜呑みにせず、専門家にご相談ください。

長谷総合調査事務所では、浮気調査のみならず、相手方からの要求に対する適切な処置についても弁護士と相談の上、アドバイスをさせていただいております。

お一人で悩まず、長谷総合調査事務所へいつでもご相談ください。