auのCMでよくお見掛けするようになった斉藤由貴さんのW不倫が報じられて数日が経ちましたね。

いつまでもお若くお美しい!でも、不倫はだめですね。

さて、ご本人は不倫を否定していますが、仮に不倫だったとすると相手にも自分にも配偶者がいるW不倫となります。

このW不倫は、三角関係の不倫とどのような違いがあるのでしょうか?

三角関係不倫では、不倫をされた配偶者は不倫をした相手方及び自分の配偶者に慰謝料請求することができます。

離婚しないとなると、配偶者との家計が一致している場合は相手方へのみ慰謝料を請求することが多いでしょう。

これに対し、W不倫の場合不倫をされた双方の配偶者は、不倫をした相手方及び自分の配偶者に慰謝料請求することができるのは三角関係不倫と同様ですが、双方の慰謝料請求がぶつかり合うことになり結局トントンになってしまいます。

あくまでこれは離婚をしない場合で、夫婦の家計が一緒の場合です。

離婚して家計が別になったり、もともと財布が別の夫婦の場合は請求する意味があるでしょう。

また、不倫の責任がどちらか一方に偏っている場合は、慰謝料の額が変わってきますので、差額分の請求をなしうる場合もあります。

 

長谷総合調査事務所では、W不倫で悩んでいる方のご相談も随時承っております。

W不倫だから慰謝料請求はあきらめている方、本当にあきらめなくてはならないのか一度ご相談ください。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承っております。

お気軽にお電話ください。