札幌の探偵による身近なトラブル参考知識-探偵編1-

Bさんが、探偵事務所に妻の浮気調査の相談に行きました。探偵事務所では、担当者に妻の行動や浮気をしていると思う理由などを色々と聞かれて、最後に担当者から「Bさんの場合だと、調査料金は150万円は掛かりますよ。」と言われました。

Bさんは、150万円というお金が出せないわけではありませんでしたが、さすがに150万円という金額に契約をためらいました。

すると担当者が、「証拠があれば奥さんと浮気相手の男と合わせて慰謝料を500万円は取れるから大丈夫ですよ。」と笑顔で言ってきたので、夫婦の事も色々と聞いてもらったし、担当者の言葉を信じて浮気調査の契約をしました。

後日、Bさんは、探偵事務所から渡された妻の浮気の証拠を基に、離婚調停、離婚裁判と進んで離婚と慰謝料を勝ち取ることができましたが、慰謝料は妻と浮気相手合わせても150万円にしかならず、弁護士費用なども含めると赤字になってしましました。

Bさんは、探偵事務所に契約の時の話が違うと苦情を言いましたが、探偵事務所は「それは裁判で決まったことだから仕方ないでしょう。」と言われ、探偵事務所に払ったお金を少しでも返してもらいたいと思いました。

さて、Bさんは探偵事務所からお金を返してもらうことはできるでしょうか?Bさんと探偵事務所の契約書類には不備はありませんでした。

答.返してもらえない可能性が高い。

※担当者に「慰謝料は500万円は貰える。」と言われた言葉を信じて契約しているので、消費者契約法の「断定的判断の提供」に当るため、本来は契約の解除ができる可能性が高いが、担当者から「断定的判断の提供」があったことの証拠が無いと難しい。

どんなご相談でも構いません疑問に思っていることや 誰にも相談できないような お悩みをご相談下さい。