浮気は男の甲斐性と夫の浮気を安易に黙認してしまっていませんか?

単なる浮気のうちはそれでもいいのかもしれません。

しかし、浮気相手との間に子供ができてしまったら・・・

民法は正妻の子供をもう守ってくれない

平成25年12月、民法の一部(家族法部分)を改正する法律が成立し、非嫡出子(法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子)の相続分が嫡出子(法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子)の相続分と同等になりました。

改正前民法では、非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1と定められていましたが、憲法では法の下では皆平等ということが謳われています。

つまり、正妻の子も愛人の子も、同じお父さんを持つ子供なんだから平等にしないと憲法に違反しちゃうよということなのです。

浮気は男の甲斐性とのんきに構えているうちに、浮気相手に子供ができれば、正妻である自分の子供が将来相続できる遺産は、浮気相手の子供数に比例してどんどん減っていきます。

そんなことになる前に浮気を調査し、未然に防がなくては、ご自身が夫の浮気を容認していても、子供が損をしてしまいます。

今のうちに夫に釘をさしておきませんか?