事実は小説より奇なりとはまさにこのことという事件が起こりました。

CoCo壱番屋の廃棄カツを横流ししたとして世の中を騒がせたダイコーの会長が逮捕されていた際に、会長の実の息子が会長の内縁の妻と浮気していたとの報道がありました。

69d08fe23e03be8fc09a61ab15520bb3_s

会長と内縁の妻は4年半同棲していたとのことですが、婚姻届けの提出はしていない内縁関係でした。

婚姻届けを提出した法律婚の場合は浮気をすれば「不貞行為」となり、離婚原因になったり、慰謝料請求権が発生したりすることは知られています。

では、内縁関係の場合の浮気は、慰謝料請求できるのでしょうか。

基本的には、内縁関係でも法律婚と同じように考えますので、慰謝料請求権は発生します。

内縁関係の男女にも貞操義務があるのです。

もっとも、内縁関係とまでは言えないようなただの同棲状態での慰謝料請求は難しいです。

内縁と同棲の違いとしては、客観的にわかりやすいのは住民票に記載するという方法があります。

続柄(「夫(未届)」又は「妻(未届)」)と記載することができるのです。

 

内縁関係でのパートナーの浮気にお悩みの方はお気軽に長谷総合調査事務所までお電話ください。

長谷総合調査事務所では、札幌のみならず北海道一円のご相談をお受けしております。