きょんきょんの不倫独立騒動が大々的に報告されてから数日たちました。

お相手の豊原功補さんも不倫を認めています。

豊原さんはいまだ離婚はしていないようですが、その段階で不倫発表となると奥さんから慰謝料請求されたらつっぱねることはできないでしょう。

では、慰謝料は誰がどれくらい支払わなければならないのでしょう。

慰謝料の相場としては、浮気がばれた!というだけの場合50万円程度でしょう。

浮気から別居に至った!となれば100万円程度、離婚に至った!となれば200万円程度でしょう。

もっとも、様々な事情が考慮されますからあくまでも相場というところです。

芸能人だともっと高額になることも容易に予想できます。

では、誰が慰謝料を払わなくてはいけないかというと、浮気相手だけではなく浮気をした配偶者も払わなくてはいけません。

もっとも、慰謝料が100万円と決まっても浮気相手と配偶者からそれぞれ100万円ずつもらえるわけではなく、二人から合わせて100万円です。

配偶者が婚前の貯金から100万円支払った場合、浮気相手には請求できなくなってしまいます。

 

また、別居すると、婚姻費用分担請求もされます。

婚姻費用分担請求は、夫婦の収入や子供の人数・年齢によって変わってきます。

離婚するまで支払わなくてはいけない婚姻費用や慰謝料、子供がいれば養育費も…と考えると、本当に離婚の代償は大きいです。

 

長谷総合調査事務所では、パートナーの浮気、不倫を疑っている方のお力になります。

素行調査の上、裁判所へ提出できる証拠を作成いたします。

証拠の有無で慰謝料の金額が変わることもあります。

離婚後にどれくらいのお金を請求できるのか一緒に考えましょう。

まずはお気軽にお電話を。