保育園落ちた日本死ね!騒動が発端となり、国会でも様々な議論がされていますね。

札幌は東京に比べれば認可保育園に入りやすいとはいえ、すべての人が入園できるわけではないのが現状です。

子どもが小さいうちは、専業主婦でやっていこうと思っているお母さんも多いはず。

そんな中で夫が出てってしまったら、生活はどうすればいいのでしょう?

fba5624d0de5c7d822c6343da77bdfe5_s

生活費を振り込んでくれる旦那なら問題なく生活できるでしょうが、勝手に出てってしまうような人が生活費を自ら進んで振り込んでくれることは稀かもしれません。

そんな時、働かなくては思っても子どもをいきなり預かってくれる保育園はそうそうありません。

あったとしてもやはり保育料がかかりますから、まずはお金が必要となります。

では、夫に強制的に生活費を振り込んでもらうよう何か手段はないかというと…。

婚姻費用分担の調停という制度があります。

簡単に説明すると、離婚をしていない別居状態は婚姻が継続していると考えます。そして、婚姻が継続していれば婚姻費用は分担しなくてはいけないと民法に書いてあります。その民法の条文に則って、生活費を支払うよう裁判所から言ってもらう、払ってくれなかったら、会社のお給料を差し押さえてしまうというような流れです。

この婚姻費用分担の調停の申し立ては家庭裁判所に申し立てます。

夫が浮気をして勝手に出てってしまった場合などは、裁判所は婚姻費用の支払いを大きく認めることがよくありますので、お一人で悩まず、いつでも長谷総合調査事務所にご相談ください。

別居後の離婚についても、アドバイスさせていただくこともできますし、別居を続けていく場合でも色々な制度をご紹介することが可能です。