二股不倫ならぬ五股不倫が報じられ、その後離婚に至った乙武洋匡さん。

今頃になって元配偶者から慰謝料請求のため提訴されました。

離婚のときに慰謝料請求しないといけないのでは?と思った人もいるかもしれませんが、離婚と慰謝料請求は別の話です。

ではいつまで不倫の慰謝料は請求できるのでしょう?

慰謝料の時効には2種類あります。

配偶者の不倫を知ってから3年(消滅時効)もしくは不倫が始まってから20年(除斥期間)です。

この配偶者が不倫を知ってからというのは、たまたま手をつないで歩いているところを見てしまったけれど名前や住所はわからないという場合は消滅時効は進みません。

不倫相手が特定されないと消滅時効は進まないのです。

ちなみに、時効が完成してからでも配偶者や不倫相手が慰謝料を支払うと言った場合は、慰謝料をもらうことはできます。

時効が完成していることを失念していて慰謝料を払うと言ってしまった場合でも、撤回はできません。

 

長谷総合調査事務所では、離婚後であっても不倫の慰謝料請求を考えている方のご相談も承ります。

離婚後にすっきりしてから、改めて慰謝料請求について考えてみるということもあるかもしれませんね。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承っております。

まずはお気軽にお電話ください。