ゲス不倫騒動が盛り上がりを見せる中、「昼顔」のヒットに続きまたしても不倫題材ドラマ「あなたのことはそれほど」。

(プチトリビア;原作漫画の作者いくえみ稜は札幌在住ですよ。)

さて、昨日のドラマの中で不倫の事実をマンション中にばらまくという行為や職場の口コミに不倫の事実を晒すという行為が描かれていました。

ビラに書かれた内容やネットに書かれた内容が真実であれば、そういった行為をしてもいいのでしょうか?

答えは、NG!不倫されて悔しくて報復したい気持ちはよくわかりますが、内容が真実でもビラをまいたり、ネットに書き込んだりする行為は名誉棄損やプライバシー侵害となってしまうのです。

不倫は不法行為として損害賠償請求されることはありますが、犯罪にはなりません。

しかし、名誉棄損罪や侮辱罪で起訴されれば前科になるんです。

不倫の被害者が、犯罪の加害者になるのは踏んだり蹴ったりです。

不倫されたら自分で犯罪に手を染めるような報復はせずに、正攻法でいきましょう。

慰謝料請求をすることで、相手の家族に不倫の事実を知らしめることもできるでしょうし、裁判となれば色々な関係者を巻き込むことになるでしょう。

そうなった場合はしっかりとした証拠が必要になります。

自分自身で証拠を集められない場合は、長谷総合調査事務所がお役に立てます。

お一人で悩まず、まずはお気軽にお電話ください。

探偵事務所の中には料金が不明瞭なところもありますが、長谷総合調査事務所では明確な料金設定を調査前にしっかりとご説明いたします。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承っておりますので、いつでもご連絡ください。