皆さんは探偵がまさか自分を調査しているなんてと思っているでしょう。
しかし対象者に気づかれることなく、浮気調査等を遂行するのが我々の仕事なのでいくら警戒していても、証拠は残っているものです。
今回は浮気調査をされた側の体験談、調停離婚についてご覧ください。

初めは軽い気持ちで浮気をしていました

初めは軽い気持ちで浮気をしていましたが嫁にすぐバレてしまい、そのまま離婚届を投げられました。

私の方は離婚したくなかったので、離婚届を書かずにいたのですが、当事者間の話合いがまとまらないため、彼女が弁護士を雇い、夫婦関係調整調停と裁判になってしまいました。

財産分与や年金分割に関しても話し合い 申立人は妻です。この調停手続きにおいては離婚の問題だけでなく、離婚後の子供の親権や、慰謝料を決めることになります。また財産分与や年金分割に関しても話し合いを持って決めていくことになります。そのためそれなりの期間を要することもあるようです。

慰謝料などで納得行かない時は夫婦関係調整調停は長引く事もあるようです。 私も調停離婚の際には弁護士に相談しました。この時に必要な費用は、収入印紙1200円分で、標準的な申立添付書類や、夫婦の戸籍謄本を準備しました。

離婚を求めるか,円満調整を求めるのかを記載します。調停をすることが不可能な場合には,最初から裁判も可能なようです。この調停は双方の合意ができるよう調整します。

しかし相手方が出席しない場合や双方の合意ができない時には裁判となり、更に長い期間を持って審議を進めていくことになります。 面倒な手続きを代行 この時のポイントとして、弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士ならば、柔軟に解決をしてくれ、すべての面倒な手続きを代行してくれます。様々なアドバイスもしてくれますので、有意義な結果を期待することができます。また仮に弁護士に依頼しないと高額な慰謝料や、養育費などを請求させられる事もあるようで、円満に離婚問題を解決するには弁護士はマストです。

また弁護士でも専門的に「離婚」についてのみ仕事をしている方もいますので、そのような専門家に依頼するほうが有意義な結果を期待することができますね。私の場合には「配偶者の両親・親族との不和」などもあり結婚生活がうまくいってなかったこっとも離婚の理由として申告しました。 離婚してよかったと思います 。

弁護士に依頼したので、慰謝料は初めの提示金額の半額の300万円になりました。今は離婚してよかったと思います。昔と比べて、ストレスのない生活をお互い送ることができています。

ストレスがない分、寂しさもありますが、喧嘩ばかりしていた生活を思い出すとここで離婚しておいてよかったと今は思います。別れた嫁も今は。神経質にならずに落ち着ちつた生活を送っているようです。そのため、別れることもある意味一つの勇気が入りますが、今はお互い幸せになっています。