今井議員の略奪不倫騒動は、橋本市議の奥さん側の主張が出てきてますますヒートアップですね。

今井議員は一線を越えていないと主張していますが、「一線」って何なんでしょう?

一般的な感覚としては同じホテルに宿泊してパジャマで部屋を行き来するのはただならぬ関係と思われても仕方がないかと思うのですが。。。

しかも翌日恋人つなぎで公衆の面前で爆睡。。。

超えてるでしょ、一線!

仮に法的に不貞行為となる行為を指示して「一線」と言っているのであれば、肉体関係はなかったと主張していることになります。

そうなんです、法律的にはセックスしてるかしてないかが不貞行為の有無の基準なんです。

手をつないだだけ、キスしただけでは基本的には不貞行為にはならないのです。

では、不貞行為はどうやって立証するのでしょう。

セックスしている証拠なんて当人同士しか持ち合わせないのが通常です。

SNSで公開しているのであれば話は別ですが、通常そんなことはありません。

ラブホテルであろうとビジネスホテルであろうと同じ部屋に男女が宿泊していれば、その密室で何が行われていたか想像がつきます。

なので、ホテルに入っていく写真、出ていく写真があれば不貞行為が強く推定されます。

ホテルの滞在時間が5分10分だと不貞行為を認定するのは難しいので、滞在時間がどれくらいかというのは大切な情報になってきます。

今回の今井議員の動向はビジネスホテルの別々の部屋への宿泊。

しかしながら、パジャマ姿で橋本市議の部屋を訪問しているところの写真がありますから、仮に裁判でこの写真が証拠として提出されれば不貞行為が強く推認されても言い訳できないでしょう。

本人がいくらプラトニックラブを主張しても、証拠となる写真からどのような事実を推認するかは裁判所の判断となるのです。

みなさんも、ラブホじゃなくてビジネスホテルに泊まってれば大丈夫なんて気軽に考えない方がいいですよ!!

 

長谷総合調査事務所では、不倫・浮気の素行調査を随時行っております。

パートナーや配偶者の動向が最近おかしいぞ!と思っているあなた、まずはお気軽にお電話ください。

札幌のみならず北海道一円のご相談を承っております。

慰謝料請求や離婚訴訟において重要なのはなんといっても証拠です。

長谷総合調査事務所では、長年の経験から決定的な証拠を押さえます。

料金や調査方法についての質問も随時承っておりますので、いつでもご相談ください。