浮気調査を札幌でご依頼・ご相談されるなら、ユーザーファーストで実績のある安心・安全の札幌の探偵 長谷総合調査事務所へお気軽にご相談ください。

はじめての方はこちら

  • HOME »
  • はじめての方はこちら

目的は何かハッキリさせる

浮気調査を依頼する前に、「なぜ浮気調査が必要なのか?」の目的をハッキリさせてから調査依頼をして下さい。調査業者(探偵事務所)に相談したりアドバイスをもらいながら決めるということでも構いません。

「配偶者の浮気の事実を知りたい」、「浮気の証拠を突き付けて謝らせたい」、「浮気をするような人とは離婚したい」、「配偶者と浮気相手から慰謝料をもらいたい」など。目的によっては調査が不要な場合も考えられますし、調査によってどこまで証拠の取得が必要かということも違ってくるので料金も違ってくる場合があります。

事実を知りたいだけの場合

配偶者の浮気の事実を知りたいだけで、裁判でも勝てるだけの客観的証拠までは必要ないという場合には、調査の深度も比較的浅くて済むことが多いので、短い期間と時間でこと足りる可能性が高くなります。

配偶者や浮気相手に謝罪させたい場合

浮気をしている配偶者や浮気相手に浮気の証拠を突き付けて謝罪させて別れさせたいという場合には、ある程度しっかりとした証拠が必要となります。当然、写真に写っているのは自分達ではないとトボケさせないためにも、誰がどこで何をしていたかが分かるような客観的証拠が必要になります。

但し、浮気の事実を突き付けることで、「あなた」対「配偶者と浮気相手」という形になり、余計に相手の浮気心に油を注ぐ可能性や、表向き別れた振りをしながら以前よりも注意深く浮気を続けることも少なくありません。

単に謝罪をさせるために浮気調査を行うことは、現実的な話としてあまりお勧めはできません。

浮気をした配偶者と離婚したい場合

ほとんどの浮気調査がこの場合に当てはまります。

客観的浮気の証拠を突き付けて、配偶者との離婚、財産分与、浮気した双方への慰謝料請求をすることになります。子供がいる場合には親権と養育費も請求することになります。但し、配偶者との婚姻期間や年収、浮気の継続期間や悪質性によって全ての金額に幅が出てきます。

浮気相手から慰謝料を貰いたい

浮気の証拠があれば、配偶者と離婚をしなくても浮気相手に慰謝料を請求することはできます。但し、夫婦関係が破綻するまでの浮気ではないと判断されてしまうため、慰謝料の金額は低くなることが多くなります。

自分で集められる証拠と集められない証拠がある

浮気の証拠は自分でも集めることは可能です。メールやLINEのログの保存や、残業や休日出勤、出張とウソをついて帰宅時間が遅くなったり家に居なかった日などの記録は、ご自分でも十分できる証拠集めの方法です。

しかし、ご自分で実地の証拠収集までしようとすると、技術的に熟練していないために大事なところの証拠写真ピンボケや、徒歩や車両での尾行や張り込み中に相手を見失ってしまったり、最悪の場合は配偶者に証拠を集めていることがバレてしまう可能性も高く、努力虚しく証拠が取れないまま夫婦関係がこじれてしまうこともあります。

弁護士と探偵のどちらに相談したらいいのか

配偶者の浮気や不貞・不倫の相談を弁護士と探偵のどちらにした方が良いか悩む方も少なくありません。弁護士は法的手続きを基にした解決方法を提案してくれますし、探偵は証拠優先の解決方法を提案することが多いでしょう。どちらが正しい・正しくないということは一概に言えませんが、浮気をした配偶者からは離婚・財産分与・親権・養育費を、浮気相手からも慰謝料を取るということで考えると、一般的に勝つ可能性がより高くなるのは、探偵が取った証拠を使って弁護士が法的な手続きをするという形です。弁護士と探偵が連携する形を取ることができれば、弁護士でも探偵でもどちらに先に相談をしても良いことなのです。


お気軽にお問い合わせく下さい TEL 011-780-5884 営業時間:10:00~19:00 ※土日祝を除く
相談電話受付時間:月~金 10:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 長谷総合調査事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.